ミノキシジルをやめたらリバウンドするの?またハゲるの?【徹底解説】

ミノキシジルとは?

AGA(男性型脱毛症)の治療に発毛成分として使用されているミノキシジルは、もともとは血圧降下剤として使用されていました。

ミノキシジルには血管拡張作用があるので、高血圧で緊張している血管を広げ、緊張を和らげることで血圧を下げます。

このように、高血圧の患者さんの血圧を下げるために使用されていたミノキシジルですが、その副作用として全身の多毛症(体毛が濃くなる)が頻繁に起こるようになり、脱毛症の治療にも有効であることが分かりました。

今では、内服薬のミノキシジルタブレットに他にも、比較的副作用の少ない外用薬ミノキシジルも使用されています。

商品名「リアップ」もミノキシジルを主成分とした発毛剤として販売されています。

では、ミノキシジルの服用や塗ることをやめたら、ハゲるのでしょうか?リバウンドはするのでしょうか?

こちらでは、それらの疑問にお答えしています。

ミノキシジルの効果と副作用

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、血管を拡張することで血流を増やすことで、肝臓で作られた毛髪の栄養分を毛根まで効率よく運べるように手助けをしています。

また、直接毛母細胞に働きかけで、毛母細胞の分裂活動を活発にして、毛髪の成長を促進しています。

ただ、発毛効果に即効性はなく、地道に継続する必要があります。

また抜け毛を止める効果はないので、脱毛抑止効果を持つフィナステリドなどと併用することで相乗効果が生まれます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルには、生命にかかわるような重大なも副作用はありません。ただ医薬品である以上は、副作用の可能性も否定できません。

ミノキシジルには、塗布するタイプのミノキシジル外用薬と、服用するタイプのミノキシジルタブレットがあります。

そこで、こちらではタイプ別に副作用を解説します。

ミノキシジル外用薬の副作用

血管が拡張されることで血流が良くなり「痒み」を覚える方もいるようです。また、発疹や皮膚の炎症など皮膚症状に関するものが多いようです。これも頭皮に直接塗る外用薬のためだと考えられます。

ミノキシジルタブレット(内服薬)

内服薬のタブレットタイプのミノキシジルでは、動機(鼓動の高まり)、めまい、むくみ、頭痛などの副作用の出る場合があります。

外用薬とは違い、血圧降下剤としての副作用も考えられますので、違和感を感じたら医師に相談することをオススメします。

ミノキシジルをやめたらリバウンドするの?

病院でAGA治療を受ける場合には、ミノキシジルだけを単独で使用することは、稀です。

通常は、プロペシアと併用して治療をします。それも、薄毛がかなり進行している場合に「積極的に発毛を促したい」場合においてです。

薄毛がそれほど進行していない場合には、プロペシア(フィナステリド)単独の治療を行います。

ただ、ミノキシジルを主成分とした市販薬の「リアップ」だけを使用している方もおられるかと思いますので、

こちらでは、

  • ミノキシジルを単独で使用しる場合
  • プロペシアと併用している場合

について解説します。

ミノキシジルを塗るのをやめたらどうなる?

ミノキシジルを単独で使用しる場合

リアップなど市販の外用薬だけを使用している場合に、満足する効果が得られたので使用をやめたら、「ミノキシジルで得られていた発毛作用が働かなくなる」ので、次第に抜け毛、細毛化が進行することになります。

ただ、塗布するのをやめたからといって、すぐに元の薄毛に戻るわけではありません。少しづつ時間をかけて薄毛が進行していきます。

プロペシアと併用している場合

クリニックで処方してもらう場合には、通常プロペシアと併用するのは内服タイプのミノキシジルタブレットなのですが、個人輸入代行業者などを通じて、個人で購入している方もいるかもしれません。

内服薬のプロペシアと併用している外用薬ミノキシジルの塗布をやめても、すぐに薄毛に戻ることはありません。

これは、プロペシアが抜け毛、細毛化を抑制してくれているからです。ただミノキシジルで得られていた発毛促進作用はなくなるので、髪の成長が遅いと感じることがあるかもしれませんね。

ミノタブを飲むのをやめたらどうなる?

ミノキシジルタブレットを単独で使用しる場合

クリニックでミノキシジルタブレットだけを処方することは、ほとんどありません。

というのは、AGA治療のメイン治療薬はプロぺシアであり「まず、抜け毛、薄毛の原因であるDHT[(男性ホルモン)の働きを止めることを優先」されるからです。

ミノタブを単独で使用しているということは、個人輸入している場合が多いと思いますが解説はしたいと思います。

内服タイプのミノタブで、十分な発毛効果を得られていた場合、その服用をやめると、それまで得られていた発毛効果を得ることができないので、髪の成長が遅くなります。

これは、外用薬のミノキシジルを使用した場合よりも強く感じることでしょう。

また内服タイプのミノキシジルタブレットは副作用の可能性も外用薬よりも高まります。
個人輸入ではなくクリニックで医師の処方を受けることをおすすめします。

プロペシアと併用している場合

AGA治療の専門クリニックで処方を受けている場合のほとんどがプロペシアとの併用です。

プロペシアで抜け毛、細毛化を抑制して薄毛になるのを防ぎます。またミノキシジルタブレットにより発毛を促進しています。

プロペシアとの併用治療で満足できる程度まで薄毛を改善することができた場合に、ミノキシジルタブレットの服用をやめたらどうなるのか?

もちろん、ミノタブによって得られていた発毛作用がなくなるので髪の成長が遅く感じるということですが、実際には、それほど不安に感じることはありません。

実際に、クリニックで治療を受けてる場合にも、十分は発毛効果を得られた場合には、ミノタブの服用をやめることが多いです。その後、様子を見ながらプロペシアの服用間隔を広げていき、最終的には、プロぺシアの服用をやめることを目指しています。

プロペシアやミノキシジルをやめるタイミングは医師の診断に基づき判断されるので、ほとんど心配はいりません。

ミノキシジルをやめるタイミングはいつがいいの?

ミノキシジルをやめるタイミングは医師の判断に基づいて行われるべきです。

もし、あなたが個人輸入などでプロペシアやミノキシジルを購入している場合には、クリニックで処方してもらうことをおすすめします。

プロペシアもミノキシジルも医薬品ですので、効果も期待できますが、副作用の可能性もあります。

もし、副作用の症状が出ることなく薄毛を改善できた幸運な方がいるとしても、やめるタイミングを間違えると、薄毛へと逆戻りすることがあります。

かと言って、永久にミノキシジルを服用し続けるのは危険ですよね。

やはり薄毛の改善具合を医師に診断してもらいながら、医師の判断に基づいて服用を減らしていくことが賢明です。

安全性を担保しながら、医薬品の効果を最大限に享受するためには、医師の処方と指導が必要なのは言うまでもありませんからね。

まとめ

ミノキシジルには、塗布するタイプの外用薬ミノキシジルと服用するタイプのミノキシジルタブレットがあります。

どちらも、血管拡張作用があり、肝臓で作られた栄養分を毛根へ運ぶことで毛髪を成長させる効果と、毛母細胞を刺激することで発毛作用を高める作用を持っています。

比較すると、内服タイプのミノキシジルタブレットの方が効果が高い傾向にあります。

このミノキシジルを使用して満足できる程度まで薄毛を改善することができた場合に、どのタイミングでミノキシジルをやめるべきなのかと言えば、

医師の指示に従って、最終的にやめるまでは使用量を徐々に減らしていくことが肝要です。

副作用を持つ医薬品であることかも医師の指示に従うことが最善ですし、薄毛を改善したあとにリバウンドに合わないためにも、自己判断をしないことが大切です。

ミノキシジルをやめるたそばから、発毛作用が弱まることは間違いありません。

この点からも、ミノキシジルを使用する場合には、医師の指導のもと、プロペシアと併用使用することが最適です。

そういう意味からも、薄毛治療にプロペシアやミノキシジルを使用する場合には、医師の指示に従うことが大切です。

皮膚科の中にもプロペシアやミノキシジルをを扱っているクリニックもありますが、AGA・薄毛治療の専門医ではありません。

そこで、おすすめするのがAGA・薄毛治療の専門クリニックでの治療を受けることです。

特に薄毛が進行していて「発毛させたい!」という方は、発毛治療を行っている専門クリニックがおすすめなのです。

こちらのサイトでは、AGA治療の専門クリニックを紹介しているのでクリニック選びの参考にしてください。

>>薄毛治療の病院【最新情報!】<<

きっと、あなたの薄毛も改善することができるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする